Hirotakaは、2010年、ニューヨークSohoの小さなトランクショーから始まりました。
ミニマルでエッジの効いたスタイルは、雑誌の編集者、スタイリスト達の口コミによって拡がり、現在はニューヨーク、ボストン、ダラス、イギリス・ロンドンで展開しています。
熱帯雨林の動植物を観察し、その鋭い爪、植物のトゲ等からインスピレーションを得たラインをより抽象的、都会的に消化し、さりげなくパンクシックなスタイルとして提案しています。
Hirotakaのジュエリーは、日本国内の職人により全てハンドメイドされています。

フランス・パリにてジュエリーの基礎を学び、その後宝飾業界の商品企画を経て、2007年に独立。
2010年より、ニューヨークにてHirotakaのCOLLECTIONを展開